リヴィン・オン・ア・プレイヤー

  • 2008/12/31(水) 13:21:12

今年もあと12時間で終わります。

言う事は・・・。

心から私の事を思ってくださった方々に「ありがとう」と。

それだけでしょうか。

上っ面だけのまやかしが嫌いで、そのせいで他人とうまくコミュニケーションを計れない事が多いわたくしですが、いまさらそれを無理やり曲げて生きようとは思いません。

ありのままの自分と、世の中とうまくやっていくかりそめの自分を擦り合わせないと生きていけない。そのこと自体がまやかしでありそれを許せない気持はありますが、そのジレンマにとらわれている方が不幸だと思えるようになりました。嗚呼自己矛盾。

そのくせかっこつけでいいとこ見せたがりで、ハリボテを取り繕うクセが抜けなくて、そのせいで他人の信用を失ったりしてるのにまだ懲りない。ああ自己矛盾。

でも思うわけですよ。

自分が後悔してるのは過去であって、それにしばられて明日からのステップをためらってしまったり、変な固定観念を形成することでネガティブを叶えてしまったり・・・それが何より損だな、と。

他人の言葉に振り回されるのが嫌いなくせに、他人の言葉に回答を求めてしまう弱い自分を変えていく。これが今日からの私の課題です。

人間は、感情を抑えるも開放するも自分の自由で、ゆえに他人の人生攻略法など自分には当てはまらず、だれかを傷つけたり傷つけられたり、騙されたり騙してしまったり、期待したり裏切られたり、誰かを振り回されたり、振り回したり孤独になったり、それを埋めようとして失敗したり、その繰り返しのなかでゆったりと大きくなるしかないのではないでしょうか。

ただなるべく、みにくいしっとやうらみ、いかり、ふあん、よくないそうぞうで余分に心をふとらせる事なく、いらない感情は空に流して行く術を知ること、それが成長するということなのかもしれません。

そして生きていくための現実的な心の原動力を手にすること、それが人を幸せにしてくれるのでしょう。


いまさらですが、僕の好きな槇原敬之さんの出世作「どんなときも」の中の一節「どんなときも 迷い探し続ける日々が 答えになること 僕は知ってるから」にすべてが集約されていく気がします。

来年のわたしはどうなるかわかりませんが、切なる願いは、我々の進む先に暗闇を置かないでください、という事です。

私の名を覚えていてくださるすべての皆さん、ありがとうございました、そしてこれからもよろしくおねがいいたします。  


せつない

  • 2008/12/30(火) 20:42:04

今、帰りの新幹線の中でこの文書いてます。

楽しい出来事の後は、人間切なくなるものです。

夢見る日々は終わり、皆、それぞれの暮らしの中へ帰っていく。

その火を絶やす事なく。

萌えとクリエイティブとエロと驚きと発見と再開と出会いと。

僕自身の狭量な価値観を押し流してくれてありがとう。

話に聞いた通りの事もあり、聞いた話と全然違う事もあり、それらの言葉がまた色々な意味を変えて現れ、またその人自身の心を表しているのかもしれません。
「明日の俺は今日より楽しい」…これだけは言える。ー

ありがとうコミケ、また会う時はなにを僕にくれるのでしょうか、そしてKさん、ありがとう。あなたは十年来の友人ですがこれからもよろしく。

コミケ写真集5

  • 2008/12/30(火) 20:15:06

200812302015062
20081230201506
ビッグサイトの三角屋根、この建物の映像とともに刷り込まれた記憶を…忘れてしまうことは出来ぬよ。

コミケ写真集4

  • 2008/12/30(火) 19:42:01

20081230194201
流されてこんなところに。本当は昼飯食いに歩いてたはずなのに、流されながされこんな所に。

ついうっかり近道なんかしようとするとこんな所に出てしまうんですね。

そして、迷い出た先から東館に入り、萌え〜な看板とか見てしまうと、瞬時に戦闘体制にオートマチックにチェンジ!

空腹を忘れて読みあさってしまうのであった。

そしてあとから更に強い空腹におそわれてしまうのだ(Θ_Θ)

コミケ写真集3

  • 2008/12/30(火) 19:33:09

20081230193309
さあ会場につきました。

すいません、白状します。

ワクワクします。

あからさまにすごい人ゴミも怯む材料にはなりません。

今回色々アドバイスをくださった親友Kさん曰わく「中毒性高いでしょ?」

いや、まったく(☆o☆)

コミケ写真集2

  • 2008/12/30(火) 19:30:04

20081230193004
一つ覚えた事、コミケ会場につく前にお手洗いにしっかり行きましょう。さもないと後で大変です。 この人だかりから想像できるように、昔よりはかなりよくなったと聞きますが、特に開場前から並ぶ場合など、やはり心配な面もあるのです。 この新木場駅のお手洗いにはお世話になりました。乗れる電車一本遅らせてもお手洗いには行きましょう。 みなさん、シモの話とバカにしてはいけません。会場入ると本当に大変なんですから。

コミケ写真集1

  • 2008/12/30(火) 19:18:11

20081230191811
大手サークルさんの行列に初めて並びました。最後尾札を持つ事を知りました。ミク本買いました(^-^)/

うわー

  • 2008/12/30(火) 17:00:01

コミケ帰りの東京駅にて、新幹線が止まってるって(>_<)

うおーい、マジですか。

ツイてねー。

おかしな

  • 2008/12/30(火) 14:06:02

20081230140602
もはや弾はつき、空腹もピークに達した。

もはや何のために戦っていたのか…

もう十分なようで、まだ足りないようで…

しかし、しかしだ…

おかしい、俺は昼飯を食いに来た筈なのに…なんでこんな所にいるんだ?

流されるまま歩んで、今目的地とは別の場所にいる、そして左の建物には、またたくさんの標的が手ぐすね引いて待っている事だろう。

新兵の血が騒ぐ。おれはスナイパーだ!!無駄弾は一切無い。しかし、まだ見抜標的を打ち抜いて、心地よい俺だけの勝利の美酒に酔いしれるのだ…

しかし、腹減りましたね

出陣

  • 2008/12/30(火) 13:09:02

ウワサきに聞く3日目、さすがにすごい人。

足は棒になり、肩に食い込むカバンの紐はますます重くなる。

  • 2008/12/29(月) 22:36:05

○いったい何冊買ったのか数える気にもならない。

○ちょっとお兄さん、その手に持ってる本どこで買ったの

○カタログでいまいちな感じの本が手にとってみるとなかなかよかったり…逆もまた然り

○みんな走るけど、目指す先はみんなちがう

○ネタは正直変態的なものも、作り手の愛に溢れていれば読めてしまう不思議

○排他的な作り手がいない事がなにより気持ちいい

○金はいくらでもいる

○立ち読みをしても、自分に合わなかったら断る勇気

○表紙買いはやめた方が財布には優しい。しかし…

○表紙と中身のギャップ

○会場の空気は喉に厳しい

○食いものと飲みものは二の次

○コスプレする勇気はないが、してる人が少しうらやましい

○企業ブースって行列スゴすぎ、なにがあるんですか

○さすがに男の女装コスプレはまだハードルがたかいですすいません。でもキレイならアリで

○次も…来れたら来たい

○なんか本とか出しでみたいけど、自分をさらけ出すと果たして何が出てくるか

プレシャス

  • 2008/12/29(月) 15:36:03

20081229153603
今日の獲物たち(☆o☆)

大崎にて

  • 2008/12/29(月) 15:36:02

20081229153602
国際展示場より帰る途中の大崎駅にて。

少し疲れたとおもたらこんな所に憩いの場が(^-^)/

休みます疲れました腹減りましたうおお(*´Д`)=з

トランジット

  • 2008/12/29(月) 15:30:03

20081229153003
西へ東へ、波をかきわけ流され蹴られ、揺れるコスプレに目を奪われたり、騙されたり。 水分はなるべく取らない方がいい。お手洗いに行きたくなる。

血眼になって圧力歩行全開の人を不快に感じないのがある意味コミュニケーション。

スタッフのみなさんご苦労様と思います。来る前にカタログをスミからスミまで熟読しといてよかった。

目的のおよそ6割を達成。しかし、明日が最大のヤマとなるだろう。

とりあえず今日は会場を出ます。

お疲れさま、俺の両足。ああ、あと、Suicaは便利だ!

アリアケの

  • 2008/12/29(月) 08:03:02

20081229080302
静かに空をゆらす幾万の鼓動。今日のアリアケの朝の、、この時気温は低いが熱い。

誰かにとってのガラス玉も、別の誰かにとってはダイヤモンドなのかもしれない。隠れたクリエーターたちの、隠そうとしても溢れ出る創造性の欲求の産物たちは、日常の中で普段からの抑圧が強いほど高く、瑞々しく開花する。この場ですら、自分の表現に卑屈になってしまう者は不幸であるとおもう。そう断言できるくらいのキャパシティが、この空間にはあるのだ。

昨日の昼にこの場を訪れて、あまりに自分の想像とかけ離れた世界を見た。
何かのスイッチが入ってしまい、ついつい本を買いあさってしまった。

これまでに「コミケに行け」と進めてくれた知己の方々の言葉をあしらってきてしまった事を、素直にお詫びしたい。

このイベントは、私のこれまでのちっぽけな固定観念と、世界の垣根をを気持ちのいい位にぶっ壊してくれた。

今日、今、この時だけの宝石を求めて、ある人は事前の綿密な作戦を立て、ある人は己がインスピレーションをたのみに、各地から集まってくる。

その中に身を置き、心地よい感覚に包まれている事を私めも隠そうとは思いませぬ。

ただ、寒いのと、トイレが大渋滞なのは、仕方ないとはわかっていても、なんとかならないものか。